更年期障害って男性にもあるのは知ってました?

更年期障害といえば女性特有の病気・50歳前後の体調不良やヒステリックになる事だと思っていませんか?実は男性にも更年期障害はあるんです。そして一番の症状は性欲が減ったりEDだったりするんです。EDの原因は更年期障害なのかもしれませんよ。

*

「カマグラゴールド」は有名なバイアグラのジェネリック薬品

EDの治療薬と言えばバイアグラがとても有名です。EDに関係なく、この薬品名は誰でも聞いたことがあると思われます。

バイアグラの主成分はクエン酸シルデナフィルというものなのですが、これをバイアグラと同じように含有したジェネリック薬品に「カマグラゴールド」というものがあります。

カマグラゴールドはバイアグラと成分が同じですので、基本的に使い方や効果なども同じです。だいたい行為の1時間前に水またはぬるま湯で服用します。食事に吸収が影響されてしまいますので、食事時を避けて服用すること、またお酒は少量であれば影響しないことなど、基本的にED治療薬としての使い方や注意点も同じです。

カマグラゴールドは人気のED治療薬

違いはどこにあるのかというと、まずはジェネリック医薬品であることです。

ジェネリックとは、新薬の開発から時間が経過し、特許が切れた薬を、別のメーカーなどが安価で売り出しているものです。安価で販売できるのは、特許が切れているため特許料を払わなくて済みます。それに、最初の開発にかかる莫大な開発費用も不要であるため、ジェネリックは別名『後発医薬品』という名前で呼ばれたりもします。

安価とはいえ、含有している成分に変わりはありませんから、もとの医薬品と同じ効果が得られます。日本でも医療費削減のために政府が薬局でのジェネリック医薬品への代替処方をすすめており、安価であってもその効果はお墨付きとなっています。今までバイアグラを使ったことがあり、今後も使い続けたい人がより手に入れやすい商品としてカマグラゴールドは人気となっています。

シルデナフィルを主成分とするED治療薬(バイアグラやカマグラ)以外には、バルデナフィルを主成分とするレビトラ、タダラフィルを主成分とするシアリスがあります。シアリス 通販

このように、成分も使い方もおよそ同じカマグラゴールドですが、使用する場合には1点だけ注意点があります。

最初はカットしてから服用

それは含有されるシルデナフィルの量が違うことです。

国内で処方されているバイアグラは、シルデナフィルを25mg・50mg含有している2種類があります。それに比べてカマグラゴールドは100mg含有しています。

成分量が多いため、今まで処方されていたED治療薬で副作用が出なかったという方でも、同じ1粒を飲んだ場合に火照りや動悸などが現れる場合があります。心臓に不安がある方は特に気をつけなくてはなりません。

基本的に日本人が使用する場合は、ピルカッターなどで錠剤を小さく割ってからの服用がいいでしょう。ちなみに、これらの副作用はどのED治療薬にも現れるもので、この商品に限ったことではありません。単純に半分に割れば50mgになりますが、さらに不安な方や初めて使用する場合は、4分の1や3分の1に割って、少ない分量から試しましょう。

公開日:
最終更新日:2017/11/20