更年期障害って男性にもあるのは知ってました?

更年期障害といえば女性特有の病気・50歳前後の体調不良やヒステリックになる事だと思っていませんか?実は男性にも更年期障害はあるんです。そして一番の症状は性欲が減ったりEDだったりするんです。EDの原因は更年期障害なのかもしれませんよ。

*

ED治療薬のカマグラゴールドの注意点と副作用

      2016/10/19

EDや精力の衰えなどで悩む男性は多いですが、こうした悩みにはED治療薬があればすぐに解消することが出来ます。

医療機関で処方される薬ではバイアグラやレビトラが人気ですが、最近では海外医薬品にも注目が高まっています。日本ではまだ未発売のED治療薬もいくつもありますが、特にカマグラゴールドはよく選ばれている薬の1つです。こちらはインドの製薬会社で製造販売されている薬で、バイアグラと同じくクエン酸シルディナフィルが主成分となっており、同じような効能が期待出来ます。

薬にはどんなものでも副作用がありますが、やはりカマグラゴールドも医薬品ですので少ないと言われていますが副作用が起きることもあります。

血圧が下がりすぎたり鼻づまりやのぼせ

まず、バイアグラと同じように血流を改善することが出来ますので、血圧が下がりすぎることがあります。普段から血圧が低めという人は注意が必要です。

そして、めまい、鼻づまり、のぼせなども起こりやすい症状です。このほかでは動機や頭痛などが起こることもありますので、服用の前には効能だけではなく起こり得る副作用についても確認しておきましょう。

副作用の症状は個人差がある

症状には人それぞれ差があり、あまり副作用が出ないということもあれば、強く出てしまうこともあります。

頭痛やめまいなどの症状があった場合も一時的なものであり薬の効能が切れると治まっていきますが、あまりに強く出たりいつまでも治まらないという場合は一旦使用をやめ、医師に相談してみましょう。

硝酸剤やアンカロンは禁忌なので注意

それから持病のある人もカマグラゴールドの使用には慎重になりたいところです。

特に不整脈、狭心症、心不全などの心臓疾患のある人は注意が必要です。この他にも重度の血管障害、脳出血、脳血管障害など脳の血管障害がある人も薬の使用は慎重に行いましょう。特に硝酸剤やアンカロンなどの薬で治療を行っている人は禁忌となっています。このほかにも何らかの疾患で治療中の人や健康に不安のある人はまずは医師に相談してみることがおすすめです。

間違った使い方をすると副作用もより強く出てしまいますので、正しく使うことが大切です。まず、日本で処方されているバイアグラは50㎎までですので、カマグラゴールド100㎎をそのまま飲んでしまうと成分が強すぎます。100㎎のものを購入した場合は分割してまずは少な目の量から試してみましょう。
そして一日に何回も飲むなども良くありませんので、次の服用までには24時間以上開けておくことも大切です。