更年期障害って男性にもあるのは知ってました?

更年期障害といえば女性特有の病気・50歳前後の体調不良やヒステリックになる事だと思っていませんか?実は男性にも更年期障害はあるんです。そして一番の症状は性欲が減ったりEDだったりするんです。EDの原因は更年期障害なのかもしれませんよ。

*

EDを食生活から改善してみる

      2016/05/02

さまざまな原因によってEDが発生してしまいますが、高血圧や肥満といった身体的な原因で発生することも少なくありません。

そういった時に試みて欲しいのが食生活からの改善になりますので、一からどんな食事をすれば良いのか見直してみると良いでしょう。

食生活の乱れはすぐに改善

食生活を含んだ生活習慣はEDと大きく関係しており、少しでも食生活が乱れることによって影響してきます。

特に動物性脂肪を多く含んでいる肉の脂身、バター、卵黄、チーズ、アイスクリーム、洋菓子、バターなどを多く摂取していると血液がドロドロになりやすく、血流が悪くなります。

血流が悪くなるということは勃起力の低下のことを指しています。

また、精力の付く食べ物をたくさん食べるとEDが改善させる、と勘違いしている人も多くいまして、ウナギばかり食べて動物性脂肪をかえって多く摂取したため、さらに状態が悪化したという方もいます。

それに血流が悪くなるだけではなく、このようなものばかり食べていると肥満になりやすく、単純に勃起力が低下するだけではなく、肥満から糖尿病などの生活習慣病に罹って、さらに健康からほど遠い状況になってしまうでしょう。

そうならないためには野菜を中心とした食生活に変えていく必要があります。動物性脂肪ばかりではなく、バランスの良い食事が一番ですので、考えながら献立を決めてください。

EDに必要なミネラルは亜鉛

EDの改善のサポートになるといわれる栄養素が亜鉛になります。

亜鉛は性ホルモンを正常化させて、性ホルモンの分泌を促してくれる役割があります。ですから身体が元気だけど何故か性欲がでないという方にオススメのサポートする栄養素になります。亜鉛を含んでいる食べ物ですが、牛肉のもも、ウナギ、牡蠣、レバー、卵黄、大豆、チーズ、アーモンド、納豆などです。しかし、これらの食べ物の中には動物性脂肪を含んでいる食べ物も多いですから、野菜を中心としたメニューの中でバランスよく摂取することが大事となってきます。

その他の栄養素としては、魚介類に多く含まれているタウリン、納豆やサトイモや山芋などのネバネバ系の物に含まれているムチンも、ED改善に役に立つ栄養素となっています。

これらのサポートしてくれる栄養素を取りながら、動物性脂肪を控え、野菜を取り入れたバランスの良い食事をすることで改善させていくことができます。食生活を見直し、実行に移すことはそれほど難しいことではありませんので、なんとかしたいと考えているのでしたら積極的に取り組んでください。